5リズム本部のニュースレターに紹介されました。

5リズムにとても積極的に来てくれている奥田珠紀さん(タマちゃん)。
日常にも5リズムを積極的に取り入れるようにしている彼女は、
障害を持つお子さんをお風呂に入れる時にも5リズムを適用してみました、
という体験談を話してくれて、感動してヘッドクオーターにメールしたら、
なんと、アメリカの5リズムの本部からのニュースレターに掲載され、世界中に配信されました!

ニュースレターのページはこちら
https://www.5rhythms.com/news/5rhythms-tribe-finding-the-light-of-hope-the-possibility-of-5rhythms/


以下、創始者ガブリエルロスの息子、ジョナサンの言葉(意訳)

I’m touched deeply, fully in tears!!! when I read stories like Tamaki Okuda’s 奥田珠紀 below (Finding the Light of Hope)…about using the Gabrielle Roth’s 5Rhythms map to move through bath time with her daughter who has a developmental disability. This is the truest power of this practice, embodying the healing learned on the dancefloor and bringing it into an everyday life challenge. gratitude to Tamaki for sharing your story and for Masayo for traveling to Japan to bring this possibility of healing and movement to this family.

「とても感動している。涙が出る。奥田珠紀さんがガブリエルロスの5リズムの”マップ”を障害のある娘さんをお風呂に入れる時に適用した。 これはダンスフロアでの学びや癒しを日常の中の大変なことに利用したという実体験であり、これこそが5リズムを練習する意味(力)である。このお話をシェアしてくれたタマキと、日本へと5リズムを持って旅し、このファミリーに5リズムというヒーリングの可能性を届けたマサヨに感謝」


以下、Masayoが送った時の、英語の元になる日本語のタマちゃんのインタビュー覚書きです。
これを元にした英語を、エディターさんが直して掲載してくれました。

▶︎▶︎▶︎▶︎ タマちゃんへのインタビュー覚書

我が家の長女メイちゃんは11歳、
10度発達障害 知能的には1歳半くらい。
単語を2~3個。会話は出来ない。小学校5年、
155センチのタマちゃんの肩くらい。体重は30キロくらい。

筋肉が形成されてない ハイハイできなかったから体の筋肉が作れてない。
まる、三角、四角がわからない。色も全部黄色。
トイレもまだ無理で紙おむつを履いている。

感覚障害がある。段差でも、普段の場所でないところで転ぶ。新しい場所でも転ぶ。
肩から上、触られると嫌。頭を洗うのは拷問。

思い通りにいかなくなったら物を投げたり人を突き飛ばしたりしてしまう。
悪いことってわかってるからそれをやってしまったりする自分を叩く自傷行為。
メイちゃんのペースで生きていると問題行動は起きない。
普通の6~7倍ゆっくりのペース、急がすとパニックになる。

小さい時は抱えていけたので良かったが大きくなってるから
抱えられないから頭を洗うのが大変。
湯船から出ないのといわれたら大変。

気分によって気持ちに沿うことしか知らない。
電気を消して、最悪、恐怖で上がらせる時もある。
もしくは湯船のお湯を抜いて、現在反抗期が始まった。

===

5リズムを受けて以来、Masayoさんから教わったガブリエルの教え
「すべての中に5リズムがある」というのを思い出し、
「せや、日常の中に5リズム!」と思い出して、

湯船をくるくるかき混ぜて、フローイング
綺麗ねえ丸がいっぱいねと言ってこれでもう充分だなと思った時に、

お湯をパシンと腕で刀みたいにして割った。メイちゃん、Goよ、
スタッカートよ、行くよ、行くよ!と包丁で切るように
マーチで行進するようなポーズで、リズム的な音を出して、
立つよ!というママのダンスに合わせて洗い場まで出た。

カオスやるよとブルブルするよって泡を立てて、
ブルブルぶるシェイクシェイク!と言いながら洗ったら
キャッキャ喜んでブルブルとシャンプーも終わり、

タオルで包んで、優しいね、優しいね、きれいねー、
リリカルねー湯船にゆっくりつかろう~って。

じゅ~~~って自分をしみこませる音を立てて、
満たされていてその後も静かにスティルネスで湯船から出た。

一番のポイントは母が悩んだり、シリアスになってると頑固として動かない。
常にユーモアがないと子供が心配して怒りに変わる。

ユーモアで5リズム、すると母そのものが楽しんでいることに安心した。
母そのものが5リズムをしてるのを楽しんでいることが伝わったのもあると思う。

==========
二回目のビックリ。
==========

Masayoさんから教えて貰ったフローイングの曲で
円を描くように揺らして手を波にして楽しんで丸を描く。

曲が終わったらもっと!と言ったので、次にスタッカートの曲をかけたら
メイちゃんの指先までスタッカート! 動きもシャープ。
いろんなところにラインを描きながら踊った。

次にカオスをかけたら娘は感覚で動くので勝手にブルブルしだした。
「メイちゃん悔しいでしょ?なんで人に伝わらないの?
っていう悔しい思いを今、出したらいいよ」って言ったら、
娘はただ楽しくてブルブルしてるのに、
母の方が一緒に感じてた悔しさとか、怒りとか、
そういうことがいっぱいこみ上げてきて、自分の方が泣けた。
障害がある子供よりも、むしろ母の方に必要だと思った。

それにしても自傷行為があるときにカオスの動きなどをさせたら、
メイちゃん自身に効くのだろうと思った。

リリカルは楽しく、愉快に軽く、

スティルネスは、シーーッと言った。

踊りや音楽は大好きな娘。

「5リズムがすでにメイちゃんの体内にあった」
という感覚を母が見つけて感動した。
やっぱりすべての中にリズムがあるんだ!
パパもびっくりしていた。

=======

いずれ母や父は先に死ぬ。
障害を持った子供が自立するために靴を履く
などの日常動作を最低限でも覚える必要があるが
通常の子供が10回で覚えるのに対し
うちの娘は200回以上が必要だと思われる。

「日常のすべてに5リズムがある」
それが本当であれば、服を着る、靴を履く、などを、
5リズムに則って5回で一つの動作ができるように
リズムで覚えたらどうかなと思っている。
言葉ではなく「リズムで靴を履く」を教えたら
可能性が広がるのではないかと。

音楽リズムに動作が沿わせていけたら
日常のことがやっていける。
ママと刻んだリズムを身体で覚えたら
それは彼女たちの財産になる。

「すべての中に5つのリズムがある」
という「教え」は、そのまま答えだと思う。
そこに私は希望を持っている。


5Rhythms Tribe | Finding the Light of Hope: The Possibility of 5Rhythms April 6, 2017

Tamaki is a dancer in Japan who has 4 children, 2 of whom have developmental disorders. Before becoming a mother, Tamaki worked for 15 years as a social welfare worker at a disability hospital, specifically with intellectual disability. During her time at the hospital, she often saw medication used to calm patients who displayed difficult behaviour. But now she finds hope and possibility in using the 5Rhythms experience with her 11-year-old daughter May, who has a severe developmental disorder and learning disability.

Although May is 11 years old, her intellectual ability is that of an 18-month-old. Her spoken sentences contain 2 words at the most. For May, all colours are yellow, and she cannot yet go to the toilet by herself. Although she can now walk, her sensory disability gives her a tendency to fall easily. When she encounters something she doesn’t like, her behaviour can become out of control, throwing everything around her or hitting and pushing other people. Afterwards, she notices that she has done something bad, and may then start to punish herself, for example, hitting her own head.

When she is in her own rhythm, which is 6-7 times slower than most people, she is able to feel safe and okay. However, when she has to be hurried to move at the same speed as others, she becomes panicky and is only able to do what she wants to do.

When May was little, it was much easier for her mother to carry her, but as she has grown, this has become more difficult. Until recently, the biggest challenge for her parents was giving her a bath or shower: she does not like to be touched above her shoulders, so having her hair washed was her least favourite experience. When she got angry, she would become very challenging to handle, and even when calm again, her slow rhythms meant that sometimes her baths would last as long as an hour which was very tiring for her mother. Sometimes, Tamaki would have to bring an end to the bath by turning off the light or the water, which would make May cry a lot.

This is Tamaki’s story:

The first time that I attended a 5Rhythms workshop, my teacher, Masayo, shared Gabrielle’s teaching that “5Rhythms is everywhere”. I wondered if it was true – and then I got the idea to try using 5Rhythms in the bath with May.

In the bathtub, I made a circle with my hands and arms and told her: “Look at this circle – so beautiful! This is called FLOWING!” May’s face lit up with happiness and curiosity. We played Flowing in the bath tub for a while.

When I thought that was enough Flow, I used my arms to make a Samurai sword and cut the water with a big splashing sound. “May-chan, now get out from tub time! Staccato time!” I used staccato rhythms, making shapes, and walked out of the bathroom like a robot marching. May followed me out of the tub!

Then it was time for Chaos. “Shake shake shake! Chaos shampoo time!” May was laughing all the time and shaking her head. She was having so much fun. It was the first time we had experienced an easy shampoo moment in years!

With the towel, I said to her, “So gentle, so sweet, so beautiful, this is your Lyrical time!“ The towel drying was super easy and May went to bed in Stillness.

Bringing 5Rhythms into May’s bath time allowed me to have fun and relax too. May was able to surrender with me. May feels everything and I think she needs a safe container. I have noticed when I am too serious, that my daughter will not move or shift. When I am having fun myself, along with some humor, I know that she absolutely feels my energy and benefits from it.

I thought that the bath experience was remarkable for our family and wanted to explore using the Rhythms in every day life further. I asked for some music suggestions for my daughter and Masayo gave me some Youtube links. The first Flowing track was a Cherokee Morning song. I played the song in the kitchen and May came up to me and started to dance with circling arms, circling her body and her head. She began to sing the Cherokee song. When the music had finished, she asked me for “More!!”

So I played some suggested Staccato music. I was surprised to see May doing a perfect Staccato dance: staccato hips, arms and even fingers! She made shapes and sharp lines. It was a really cool dance!
During the Chaos, I told her. “May-chan! you must be so frustrated when people don’t understand you, aren’t you? Why don’t you let go of that feeling? Anyway, let’s shake it off together! Shake shake shake!”

May was shaking her body with pure joy. I believe that the Chaos dance can be very helpful for the self-injuring behaviour of people like my daughter, who have mental or intellectual disabilities. But then I, as her mother, started to cry and could not stop crying. I was really frustrated. I realised that this anger was mine – not my daughter’s! This Chaos was not for my daughter – I needed it more than her.

This was a great realisation for me. I learned from this that, as mothers, we need to heal ourselves first, even though our kids need something from us. This was something that I had to accept.

Then Lyrical: May knew the essence of Lyrical and danced lightly and playfully. I was enchanted.
During Stillness, she said “Shhh!” with her index finger on her lips.

Nowadays, May asks me to dance every day and we do a short Wave with the same songs in our kitchen together. She loves to dance so much. I didn’t tell her how to dance – her body already knew how to do it. Also, my parrot is starting to remember the Cherokee morning song now!

If everything contains the Rhythms, as my teacher Masayo said, I wonder if I can make simple things fit into the 5Rhythms map. I wonder if 5 steps to wearing clothes, 5 steps for wearing shoes, could work. Teaching basic stuff with the Rhythms would open up huge possibilities for disabled kids. If everything May learns is through the Rhythms with Mom, and she remembers that, this will become her ability and her strength forever.

I feel like I have found the light of hope now.

ニュースレターのページはこちら
https://www.5rhythms.com/news/5rhythms-tribe-finding-the-light-of-hope-the-possibility-of-5rhythms/

3月25日大阪スカイプクラス終わりました。

大阪スカイプクラス終わりました。I had OSAKA SKYPE CLASS.
プロデューサーの真帆ちゃん、いつもありがとう!
今日のクラス、踊りがすごくジューシーで、見ていて感動しました。すごく好きなクラスとなりました。
参加してくださった皆様、ありがとうございます。
(よかったらタグ付けしてくださいね)

明日も名古屋でスカイプクラス。梅ちゃんNorio Umeda、池田さんShinji Ikeda、ヨロシクです!飛び込み参加オーケー!
https://www.facebook.com/events/1417624641668712/

3月26日名古屋Skypeクラス終了しました。

昨日名古屋で2回目のMasayoさんのSkypeクラス終了しました。
一緒に5リズムを共有できたみなさまありがとうございます。

5リズムは自分自身を知り繋がるためのプラクティス(練習)だと思います。
繰り返し5リズムを踊ると、興味深い変化がありますので
定期的に参加することをおすすめしています。

4月の開催日は調整中です
日程が決まりましたらFacebookとホームページに情報掲載いたします。

名古屋担当 梅田